情報法制学会は、情報法制の研究を目的として、研究者が自主的に集まり、かつ当該研究者の会費負担により、研究者自身によって運営している日本学術会議協力学術研究団体です。

このサイトでは、当学会に関する組織概要、研究大会及びシンポジウム、セミナー等の開催、学会誌『情報法制研究』(有斐閣)等の情報をお知らせします。

2019年の研究大会は12月15日(日)明治大学リバティホールを予定しております。

新着情報

2019年10月
科学技術振興機構が運営する電子ジャーナル「J-STAGE」に『情報法制研究』の論文(1~5号)をアップロードいたしました。閲覧に必要なログイン情報は会員様宛にメールにてご案内いたします。
2019年5月
『情報法制研究第5号』(2019年5月)の論文をアップロードいたしました。ご自由に閲覧可能です。
『情報法制研究 第7号』(有斐閣)の査読論文3本を募集しております(2019年10月末日締切)
収載された場合は、日本学術会議協力学術研究団体の査読付論文となります。
新たに「賛助会員」を設けました。研究者要件がないのでも広く社会人にも入会いただけます。
新着情報一覧>>