国際シンポジウム「ブロードバンド品質:計測技術と市場への影響」


開催要項

1. 主 催:情報法制学会(ALIS)
2. 共 催:LINE株式会社
3. 後 援:総務省
      公益財団法人情報通信学会
      一般財団法人電子情報通信学会
      一般財団法人テレコムサービス協会
      一般財団法人情報法制研究所(JILIS)
4. 事務局:情報法制学会(ALIS)
5. 開催日時:2018年6月23日(土)10:00~18:00(受付開始9:30〜)
6. 開催場所:LINE新宿本社 15階オーディトリアム(JR新宿ミライナタワー)

https://alis2018623symposium.peatix.com/


開催報告(概要)

6月23日(土)開催の本シンポジウムには多数の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。当日の開催概要(サマリー)は次のとおりです。

基調講演 Scott Jordan (UC Irvine)『Network Performance Measurement for Purposes of Transparency』

講演2 中川将史(総務省)「我が国におけるモバイル通信の実効速度計算・表示の取り組み」


プログラム

PDF版のプログラムはここです。当日配布資料は下記リンクのとおりです(PDF)。


9:30〜      受付開始
10:00〜10:05  開 会
         ・開催趣旨説明 実積寿也(中央大学)
10:10〜10:30  講演1
         ・James Miller(American University)『欧州・北南米での経験』
10:30〜11:30 基調講演
         ・Scott Jordan (UC Irvine)『Network Performance Measurement for Purposes of Transparency』
11:30〜12:00 講演2
         ・中川将史(総務省)『我が国におけるモバイル通信の実効速度計測・表示の取り組み』
12:00〜13:00  休 憩
13:00〜15:00  セッション1『データ供給者の視点』
   モデレータ: James Miller、水越一郎(NTT東日本)
   パネリスト:
         ・Steve Bauer (MIT)
         ・Bradley Huffaker (Center for Applied Internet Data Analysis, UC San Diego)
         ・永見健一(インテック先端技術研究所)
         ・長健二朗(IIJイノベーションインスティテュート)
         ・西塚要(NTTコミュニケーションズ)
   コメンテータ:Scott Jordan
15:00〜15:30  休 憩
15:30〜18:00  セッション2『データ利用者の視点』
   モデレータ: 福島直央(情報法制研究所)
   パネリスト:
         ・福元徳広(KDDI総合研究所)
         ・山下克司(日本IBM)
         ・白石雄太(イード)
         ・佐藤太一(J-Stream)
   コメンテータ:
         ・水越一郎
         ・クロサカタツヤ(企)
         ・宍戸常寿(東京大学)

 


プログラム委員(アルファベット音順)

・江口清貴(情報法制研究所/LINE)
・石田慶樹(日本ネットワークイネイプラー)
・実積寿也(中央大学)
・James Miller (American University)
・水越一郎(NTT東日本)
・永見健一(インテック)
・白石雄太(イード)